理由は

以下の通り ①所謂アベノミクスは「三本の矢」を謳っている。日銀による資金供給、積極的財政出動、そして産業構造の変革と産業再生である。

1本目と2本目は 既に実施されたし、その効果もあったが問題は3本目である。この点に関し、自民政権は当然の事ながら体制派、既得権益派であるから構造改革は遅々として進 まない。 更に言うと、既に日本にはイノベーションすべき産業はない。産業はこの「失われた20年」で消滅している。今年、来年と更に多くの工場が閉鎖予定である。自動車は日本で以前年間800万台作っていた。今年は400万台、来年は250万台の予定である。 産業がないのだから、円がどれだけ安くなろうと稼げない。中小に仕事はない。安倍君が言っているほど現状は甘くないのである。 そこに加えて「消費税増税」。3%の上げ幅はあまりにも無謀である。前回3%から5%で日本経済にどれだけ打撃を与えたか?今回はその1.5倍の 上げ幅である。20年間ベッドに伏せ、体力が衰亡している病人から更に大量の血を抜こうとする行為である。