失われた時間

賢者の石を作るには多くの犠牲が必要だ。 旅の終わりに諸悪の根源であった『お父様(ホムンクルスを作り出し、真理を得ようとした生き物)』を倒した。

それは弟のアルフォンスが魂を対価に兄の失われた腕を呼び戻した結果だった。 大事な弟を失った兄・エドワードはアルフォンスを引き戻すために真理の前に立った。
「何を犠牲にする?」 という問いにエドワードは真理を対価にした。 それは、自分の武器を失う事に等しい。 「真理なんて無くても俺には仲間がいる」浮気 電話相談 その言葉に真理は応えた。
「お前の勝ちだ。全てを持って行け」と。 (ものすごく荒く説明しています) 失われた時間を、その幸福を、取り戻すのは途方も無い犠牲も必要で、しかも、それが本当に手に入れても望んだ結果になるとは限らない。 だとすれば、どうすればいいのか? 抗うのもいい。
受け入れるのもいい。 ただし、その責任は自分で負わないといけない。
-あいつがああ言ったから
-マスコミがこう言ったから などなどの言い訳は対価を払わずに益だけを得ようとしているようなものだ。