住民をたきつけた活動家

ジブリ展の前にいた活動家のおばちゃん達も単なるおばちゃんにしか見えません。

そういった住民に擬態した活動家が本当の住民を煽る事により企業の撤退を煽っているのではないでしょうか?

こうやって騒ぎが起こる事により、決まりが次々に出来て業務に支障をきたすようになりしまいにはがんじがらめになって何も出来なくなり、規制のない海外に出ていかざるをえない一面もあると思います。

株主と役員と本社の浮気調査東京人間の為だけに海外に行く企業は叩かれて当然です。

しかし、住民をたきつけた活動家によって追放された企業は同情出来ます。

企業が工場を移転する際は地元とのトラブルにも注目すべきです。
活動家に職を奪われた人もいるのです。
今朝、山本一力の あかね空を読み終えました。

数年前に内野聖陽主演で映画化もされました。

京都の東山から来た豆腐職人の男が深川で店を開く物語です。

主人公の永吉は、妥協せずに豆腐を作り、江戸の人々に支えられながら、所帯を持ち、家族を養い、店を大きくしていきます。