主張が一理ある

落ちこぼれのルサンチマンが、一方で日教組批判に、一方でいわゆる左翼知識人に向かっているという程度のことでしょうね。法律に対する無理解。

相続 なぜ、このような制度があるのでしょうか。
私は、素人ですが、 1事業の継承 2本人意思の尊重(すなわち、事業や蓄財の奨励) といった意味があると思います。
だからこそ、北一輝のように、相続財産に一定の上限を設けろなどという主張が一理あるというところです。 今回の違憲判決ですが、 考えてみると、違憲判決に反対する人は、 闇金嫌がらせ対処法法律に対する無理解があるのではないかと思います。 以下、 死んだ人を、被相続人 妻を本妻 。
嫡出子を、本妻の子 死んだ人が本妻以外に子供を作った相手を愛人 。愛人との間に生まれた非嫡出子を、愛人の子 とします。
夫婦で築き上げた資産といいますが、それは、ケースバイケースです。奥さんが旦那の仕事の足を引っ張り続けた。旦那は5億円残したが、あの奥さんがいなかったら、10億にはなっていただろう…なんていうケースは、世の中にごまんとあります。