電話もせずサボった。

今朝10時、キチガイ科の予約だったが起きたのが予約時間を過ぎていた。

電話もせずサボった。

キチガイ科の先生に〝尊厳死に付いてどう思うか?〟を訊いてみたかったのだが受診前から答えは予想できていたし、答えを呈示する先生でもない。
そこからこちらの自殺への恐れを心配するだけで〝最近はどうですか?〟〝夜は寝られますか?〟と訊かれるぐらいのものだ。

断酒は出来ているし、酒を呑む気にもなっていない。
キチガイ科もそろそろ終了で良いのではないかと思っているのだが、患者が勝手に断を下すのは越権行為に思うだろうし、言われるがまま受診しているのも死ぬまで続きそうな勢いだ。
断煙は他科の扱いで相談にも乗ってくれないので正直、行く気になれないの実情だ。

唯、断酒のシアノマイドは別にしてトリラフォンとデパスと言う2種の入眠剤が処方されているが、それなしで寝られるかどうか。
幸い退院処方で1週間分ぐらいは薬は残っている。
少し自分で様子を見ながらまた受診するか決めたい。

それにしても今日から本格的に始まった自宅透析、5年を目処に続くが次第に尿量が減り再び尿毒症が出てくるということだが、想像しただけでイヤになる。
何もそんなに人を生かせる必要も無いだろうと思う。