打って来い、打って来い

ローリング袈裟斬り3連発を食らっても、目を剥いて「打って来い、打って来い」と胸を突き出して来るジョーを最後は豪腕ラリアット2連発で仕留めた潮崎。

この日、セミでは長井満也&南野タケシが宮原建斗&鈴木鼓太郎からアジアタッグ王座を奪取したが、非常に後味の悪い試合であった。大トリを努める 者として、そのような空気のままで終わらせる訳には行かないことは当然だが、肉体の軋むあまりにも激しいぶつかり合いに、私は試合途中で気付いた。
潮崎もジョーも互いに、相手と戦いながら、 不倫調査 埼玉翌日の他団体のドーム大会とも戦って居ることに! 相手はドーム。コチラは後楽園ホール。しかも満員ではない。 相手は超豪華なラインアップ。コチラは外国人選手はジョー一人だけ。規模やスケールは比較にならない。 では試合のクオリティという面ではどうか。
潮崎とジョーのぶつかり合いからは「お前らにこれだけの試合が出来るか!?」という激しい叫びが聞こえて来た。 ジャイアント馬場が生前「世界最高峰のプロレス」と形容した王道プロレス。それは「受け」の凄味にあった。まさに今、潮崎とジョーが互いの肉体を極限まで痛めつけながら示しているこのプロレスだ。