脂溶性

予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って採用されてきた生ワクチンに代わって、平成24年9月1日より任意接種ではなく定期接種集団接種ではなく小児科などの医療機関でスケジュール管理の必要な個別接種の形に変更されています。
ポリフェノールで最も有名な特徴はV.C.(ビタミンC)や脂溶性のトコフェロール(ビタミンE)性質が異なり、細胞と細胞の間の水溶性部分に脂溶性の部分、細胞膜でも酸化しにくくする作用があります。
チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故の後追い調査の結果をみると、体の大きな成人よりも体の小さな未成年のほうが分散した放射能の悪い影響をより受けやすいことが分かるのです。
エイズ(AIDS)とはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染によって起こるウイルス感染症の病名であり、免疫不全となり健康体では感染しにくい病原体による日和見感染や癌等を複数発症してしまう病状そのものの事を総称しています。
植物に存在する化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の仲間であるスルフォラファン(sulforaphane)という揮発性の物質が、肝臓の持っている解毒酵素の順調な産出を促進しているかもしれないという真実がわかりました。
薄暗い所では光不足によりものが見えにくくなりますが、より瞳孔が開くので、眼のレンズのピントを合わせるのに多くのエネルギーが消費され、日の差す場所でものを見るよりも疲労がおおきくなります。
年々患者数が増加しているうつ病では脳内の神経伝達物質の「セロトニン」が足りなくなった結果、不眠、憂うつ、強い倦怠感、疲労感、食欲不振、5kg以上の体重減少、焦燥感、顕著な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症の場合自殺企図等の症状が2週間以上続くのです。
不整脈の期外収縮は、健康な場合でも発生することがあるのでさほど深刻な重病とは限らないのですが、発作が幾度も次々と出る場合は危険です。
日光に当たると生成されるビタミンDは、カルシウムが吸収されるのを促す特長で有名であり、血中のCa濃度をコントロールして筋繊維の働きを適切に調節したり、骨を作ったりしてくれます。
寝姿を見ることなどで、本人がセラピードッグのことをとても愛おしく思う時に「愛情のホルモン」ともいわれるオキトキシンが分泌された結果、ストレスを低減したり心の癒しなどに結びついているのです。
脳内の5-HT神経は、自律神経のバランスの調節や痛みの制圧、様々な分泌物質の覚醒などをコントロールしており、大うつ病の患者はその動きが低減していることが広く知られるようになった。
H17年2月から特保(トクホ)のパッケージには「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意喚起のフレーズの明記が義務となった。
折り目正しい暮らしの継続、腹八分目の徹底、適切な運動や体操など、アナログともいえる体に対する気配りが肌の老化防止にも役立つといえます。
肥満(obesity)は無論摂取する食物の内容や運動不足などが主因ですが、量の等しい食事であったとしても、あっというまに食べ終わる「早食い」を日常化することで体重過多に陥っている肥満(obesity)の状態を招きやすくなるということが明らかになっています。
「肝臓の機能の悪化」は、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなどの数値で分かりますが、ここ数年間で肝機能が衰退している人が明らかに増えているということが分かっています。