傾向

AIDSというのはHIV(human immunodeficiency virus)の感染が原因となって生じるウイルス感染症のことであり、免疫不全へと至って些細なウイルスなどによる日和見感染や悪性新生物等を複数発病する病状そのものの事を総称しているのです。
いんきんたむしという病気は20代〜30代の男性に多く見られる傾向があって、原則として股間の周囲だけに広がり、激しい運動をしたり、風呂から上がった後など身体が熱くなった時に強いかゆみを引き起こします。
植物栄養素とも言われるフィトケミカルのひとつであるスルフォラファンというブロッコリーに含まれる揮発性の物質が、肝臓の持つ解毒酵素そのものの正常な産出を支えているのではないかという新たな可能性が判明してきました。
緊張性頭痛というのは仕事や勉強などでの肩こり、首こり、張りから起こる肩凝り頭痛で、「まるで締め付けられるような激しい痛さ」「重くてたまらないような酷い痛さ」と表現されています。
杉花粉が飛ぶ1月から4月の時期に、子どもが平熱なのにクシャミを連発したりサラサラした鼻水が止まらないような症状なら、もしかしたら『スギ花粉症』の可能性があります。
亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関係している様々な酵素や、細胞・組織の代謝機能に関わる酵素など、約200種類以上存在する酵素を構成する成分として外せないミネラルの一種だといわれています。
脚気(かっけ)の症状は、手や足が麻痺したり下肢の浮腫などが典型で、病状が進むと、深刻な場合、心不全を起こす可能性があるそうです。
耳の奥の構造は、外側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳」「内耳」の3つに分かれていますが、中耳のところにばい菌やウィルスがうつり、炎症になったり、液体が溜まる症状を中耳炎と言います。
UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いという性質があるのでオゾン層を通る際にその一部が吸収されるのですが、地表まで達したUV-Bは皮膚の表皮の内側で細胞のデオキシリボ核酸(DNA)を損壊させたりして、皮ふに悪い影響を与えます。
暴飲暴食、体重過量、喫煙、運動不足、不規則な生活、仕事などのストレス、老化といった様々な原因が合わさると、インスリン分泌が減ったり、働きが落ちたりして日本人の糖尿病の95%を占める2型糖尿病を発病するのです。
トコトリエノールの機能としては酸化を防ぐ機能が一番認知されてはいますが、これ以外にも肌を美しく保つ効果や、血清コレステロールの生成を抑えたりするということが言われています。
お薬、アルコール、合成着色料を始めとした食品への添加物等を酵素で分解し、無毒化する活動を解毒(げどく)と称し、肝臓の果たしている大切な働きの一つだということは間違いありません。
ポリフェノール最大の特性は水溶性であるビタミンCやV.E.などとは異なって、細胞と細胞の間の水溶性部分に脂溶性部分、更には細胞膜でも酸化を予防する作用に優れています。
子どもの耳管の特性は、大人の耳管と比較すると幅が広くて短い形であり、尚且つほぼ水平になっているため、様々な菌が潜り込みやすくなっているのです。小さな子供が急性中耳炎を発病しやすいのは、この事が関係しています。
AED(Automated External Defibrillator)は医療資格を保持しない人にも使う事のできる医療機器で、本体から流れる音声ガイダンスの手順に応じて処置することで、心室細動に対しての処置の効果をみせます。