ミニマム

もしも血液検査で実際に女性ホルモンの量が基準値よりも少なく早発閉経(POF)だと分かった場合、不足している女性ホルモンを補填してあげる処置方法で良くなることができます。
「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、体の中の脂肪が占有するウェートのことを言い、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)=体脂肪量(キロ)÷体重(キロ)×100」という式で表すことができます。
基礎代謝量は睡眠中ではない覚醒状態で生命を保っていく(心臓の鼓動、呼吸、腎機能の活動、体温や筋肉の緊張の保持など)ために必要となる理論上のミニマムなエネルギー消費量のことを指します。
アルコールをクラッキングする働きがあるナイアシンは、苦しい二日酔いに効きます。ゆううつな二日酔いの大元である酢酸アルデヒドという物質のクラッキングにも力を発揮しています。
真正細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、最も患者数の多い中耳炎で子どもによく発症します。耳の痛みや38℃以上の熱、酷い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(じろう)などの多様な症状がみられます。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に存在しているインスリンを分泌するβ細胞が何らかの理由で壊れてしまうことが原因で、患者の膵臓からインスリンが微々たる量しか出なくなることによって発病する自己免疫性の糖尿病です。
耳鳴りは2種類に大別され、当事者にしか聞こえないという部類の「自覚的耳鳴り」と、血流の音などのように他の人にも性能の良いマイクロホンを使用してみると感じるというタイプの「他覚的耳鳴り」とがあるのです。
ロックミュージシャンのコンサートの場内やディスコなどに設けられたものすごく大きなスピーカーの隣で爆音を浴びて耳が遠くなる症状を「ロック外傷」と呼ぶのです。
腹部の右上にある肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが付着した状態の脂肪肝という病気は、動脈硬化や糖尿病を代表とする色んな健康障害の合併症をもたらす恐れがあるのです。
UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短いという特徴があるためオゾン層を通過する際に一部分が吸収されるものの、地表に達したUV-B波は皮膚の表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸(DNA)を損壊するなど、肌に悪影響をもたらすことが明らかになっています。
暴飲暴食、肥満、喫煙、消費カロリーの低下、不規則な生活、日常生活のストレス、老化など複数の素因が揃うと、インスリンの分泌量が減ったり、働きが落ちたりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病を発病します。
薬やアルコール、合成発色剤を始めとした食品への添加物などを酵素によって分解し、無毒化する働きの事を解毒(げどく)と称しており、多機能な肝臓の担う大切な機能のひとつです。
一見すると「ストレス」というのは、「なくすもの」「除外すべきもの」ものと捉えがちですが、現に、私たちヒトは様々な種類のストレスを抱えるからこそ、生きていくことができています。
緊張性頭痛はデスクワークなどでの肩凝り、首筋のこりに誘引される患者数が多い慢性頭痛で、「ギューっと締め付けられるような痛さ」「ズドーンと重苦しいような頭痛」と表現される症状が特徴です。
体脂肪の量(somatic fat volume)は変動が無いのに、体重が食事や排尿などで短時間で増減するケースでは、体重が増加した人は体脂肪率(body fat percentage)は下がり、体重が減った人は体脂肪率が高くなることがわかっています。