変化

季節病ともいわれる花粉症とは、山の杉やヒノキ、マツ、ブタクサなどの大量の花粉が素因となって、くしゃみ・皮膚のかゆみ・鼻づまり・鼻みずなどの不快でゆううつなアレルギー症状を示す病気として知られています。
体脂肪の量(somatic fat volume)に変化がないのに、体重が飲み食いや排尿等で一時的に増減する際、体重が増加した方は体脂肪率(body fat percentage)は低くなり、体重が減少すると体脂肪率が高まります。
「体脂肪率(body fat percentage)」とは、体内の脂肪の付いているパーセンテージであり、「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(キログラム)×100」という数式で求めることができます。
脂漏性皮膚炎というのは皮脂の分泌異常が主因で起こる発疹で、分泌がおかしくなる素因としてステロイドホルモンの一種である性ホルモンの均衡の乱れやリボフラビンなどビタミンB群の慢性的な欠乏等が大きいと言われています。
乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って使用されてきた生ワクチンに変わり、2012年9月1日より厚労省が接種を推奨する定期接種になるため、病院などの医療機関で個々に注射する個別接種の扱いに変わりましたのでご注意ください。
ピリドキシン(ビタミンB6)は、様々なアミノ酸(Amino acid)をTCA回路と呼ばれているエネルギー源を燃やすために必要となる回路に組み込ませるために再度クラッキングするのを促進する機能もあります。
ダイエットに没頭するあまりカロリー摂取を抑える、食べる量を落とす、そんなライフスタイルが結果として栄養をも不足させ、慢性的な冷え性を招くことは、盛んに問題視されていることなのです。
毎日の規則正しい日常生活の継続、暴飲暴食しないこと、程よい体操など、古典的とも思える健康に対する配慮がお肌のアンチエイジングにも役立つのです。
突然発症する急性腸炎は、普通は腹部の痛み・嘔吐・下痢に見舞われる程度ですが細菌感染によるものの場合は壮絶な腹痛・長引く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・水下痢とともに高い発熱が通例だといえます。
「肝機能の衰退」は、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-GTP等の値によって確認できますが、ここ最近では肝機能が悪くなっている人数が増加しているということが注目されています。
最大の内臓である肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが多く蓄積した脂肪肝(steatosis hepatis)は、肝硬変や糖尿病を筆頭に色んな病を誘引する可能性があることをご存知でしょうか。
むねやけが主訴である逆流性食道炎は、食事内容の欧米化や喫煙・お酒・脂肪過多などのライフスタイルの乱れ、ストレスによって、ここ数年日本人に増加しつつある疾患だということができます。
ばい菌やウィルスなど病気を生む微生物(病原体)が呼吸とともに肺に進入して伝染してしまい、肺の中が炎症を起こしてしまっている容態を「肺炎」と診断しています。
ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が無くなった後に市場に出回って、新薬とまったく同じ成分で負荷を下げられる(金額の高価ではない)後発医薬品です。
悪性腫瘍である卵巣がんは、通常ならば体をがんにさせない作用を持つ物質を作るための型である遺伝子の不具合によって罹患するというのは周知の事実です。