健康障害

ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、四肢が何も感じなくなったり脚のむくみなどが代表的で、進行してしまうと、最も深刻なケースでは呼吸困難に陥る心不全なども発症する可能性があるようです。
くも膜下出血(SAH)は9割弱が「脳動脈瘤」という脳内の血管にできる不要な瘤(こぶ)が裂けて脳内出血することが要因となってなってしまう深刻な脳の病気なのです。
世界保健機関(World Health Organization)は、人体に有害なUV-A波の浴び過ぎが肌に健康障害を引き起こす恐れがあるとして、18歳以下の男女がファッション感覚で肌を黒くする日焼けサロンを利用する行動の禁止を広く世界中に求めています。
ピリドキサミンは、様々なアミノ酸をクレブス回路と呼ばれているエネルギーを活用するために欠かせない重要な回路に組み込ませるため、もう一度細分化することを助けるという機能もあると言われています。
BMI(体重指数を求める計算式はどこの国でも同じですが、BMI値の位置づけは国家ごとに少しずつ違い、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITYではBMI22を標準、BMI25以上の場合だと肥満、BMI18.5未満の場合は低体重と位置付けています。
胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、食事内容の欧米化や能動喫煙・アルコールの常飲・肥満症等のライフスタイルの質の低下、ストレス等により、現在日本人に増加している疾患なのです。
体重過多に陥っている肥満は当たり前のことながら摂取する食物の種類や食生活の質、運動不足などが原因ですが、量は変わらない食事であれ、かきこむように食べ終わる早食いを日常化することによって脂肪過多に陥っている肥満(obesity)を招く可能性があります。
くしゃみや鼻水、鼻詰まりや目の掻痒感・異物が入っているような感覚などの花粉症の代表的な諸症状は、アレルギーを引き起こす花粉の放出された量に追従しているかのように深刻になるというデータがあるのです。
もし婦人科の検査で実際に卵胞ホルモンなどの分泌量が基準値よりも足りず早発閉経(そうはつへいけい・POF)だと判明した場合は、不足分の女性ホルモンを足す治療方法で緩和が期待できます。
消化器科で診てもらう急性腸炎は、通常は腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しの症状が出る位で済みますが、バイ菌の感染による急性腸炎の場合は猛烈な腹痛・長引く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・止まらない下痢とともに38度以上の高熱が出るのが違いです。
栄養バランスの優れた食生活や体を動かすことは言わずもがな、ヘルスアップや美を目的とし、栄養を補うために色々な成分のサプリメントを飲む事が一般的なものになってきているのです。
チェルノブイリ原子力発電所の事故の数十年に及ぶ後追い調査の結果では、体の大きな成人に比べて未成年のほうが風に流されてきた放射能の良くない影響をより受容しやすくなっていることを痛感します。
エイズとはヒト免疫不全ウイルス、すなわちHIVの感染によって起こるウイルス感染症のことであり、免疫不全を招いて些細なウイルスなどによる日和見感染やがん等を発病する病状の事を指し示しています。
眩暈がなく、不快な耳鳴りと難聴の症状のみを数回発症する症例のことを区分けして「蝸牛(カタツムリ)型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」と呼ぶようなこともあるとのことです。
杉花粉症などの病状(鼻水、酷い鼻づまり、くしゃみ等)のために夜間しっかり睡眠を取れないと、それが要因で睡眠不足に陥り、次の日目覚めてからの行動性に芳しくない影響を与えることもあるのです。