肝硬変

アミノ酸の一つであるグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を衰退させたり突然変異を誘発する悪質な物質を身体の中で無毒化し、肝機能をより強める特徴が確認されています。
収縮期血圧140以上の高血圧が長期間続くと、全身の血管に強い負荷がかかり、頭のてっぺんから足の爪先まであちらこちらの血管にトラブルが発生して、合併症を起こす可能性が高まるのです。
「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に脂質や食物由来コレステロールが付いた脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)は、肝硬変のみならずありとあらゆる生活習慣病の合併症の因子となる可能性があるといわれています。
「あまりにも多忙だ」「粘着質な色々な人間関係が嫌でしょうがない」「あらゆる技術や情報の進歩に追いつくことで精一杯」など、ストレスが蓄積されてしまう因子は一人一人違うようです。
「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、人の身体の中の脂肪が占める度合いで、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪量(somatic fat volume)÷体重(weight、キロ)×100」という式によって把握できます。
開放骨折により大量出血した場合、急激に血圧が下がって、周囲が揺れ動いてみえるようなめまいや冷や汗、悪心、顔面蒼白、座っていても起こる意識消失発作などの脳貧血の症状が出現する場合があります。
自分で外から見ただけでは骨折したかどうか判別できない場合は、疑わしいポイントの骨をごく弱い力で圧してみてください。その箇所に強烈な痛みが響けば骨が折れている可能性があります。
強い痛みを伴うヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」といい、背骨の間に存在する緩衝材みたいな役割を果たしている椎間板(ツイカンバン)という名前の円形の組織が突き出た状態の事を示しています。
ポリフェノールで最も有名な特徴は水溶性のビタミンCやトコフェロール(ビタミンE)性質が異なり、細胞の間の水溶性部分、脂溶性の部分、更には細胞膜でも酸化のスピードを遅くする効果に優れているのです。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に在る血糖値を下げるインスリンを分泌するβ細胞が破壊されてしまい、残念なことに膵臓からインスリンがほとんど分泌されなくなることによって発病するという自己免疫性のタイプの糖尿病なのです。
脚気(かっけ)の症状は、手先や足先が痺れるような感覚があったり脚の浮腫などがよく起こり、発症から時間が経つと、あろうことか心不全も齎すことがあるようです。
真正細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、最も多い中耳炎で比較的幼い子供によくみられます。耐え難い耳の痛みや38度台の発熱、鼓膜のひどい腫れや炎症、膿が出てくる耳漏(耳だれ)など多岐に渡る症状が出るのです。
グラスファイバーで作られたギプスは、強靭で軽量でとても長持ちし、濡らしてしまってもふやけずに使用できるという利点があり、いまのギプスの中でも王道と言っても過言ではありません。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は目覚めている覚醒状態で命を維持していく(心臓、口や鼻からの呼吸、腎臓の動き、体温や筋緊張のキープ等)ために要る理論上のミニマムなエネルギー消費量のことをこう呼んでいるのです。
BMIを求める式はどの国も同じですが、BMI値の位置づけは国ごとにそれぞれ少しずつ違い、(社)日本肥満学会ではBMI値22を標準、25以上だと肥満、BMI18.5未満は低体重としているのです。